読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Spare Times  〜人生のスキマ時間を愉しむ〜

バリキャリワーキングマザー、アラフォーにして主婦デビュー。 突然訪れた人生の隙間時間をゆるりと楽しみつつ、次のステップを模索しながら迷走する毎日。最近お仕事再開+ときどきタロット占い師。

占いで気にするべきは結果じゃない!!実は○○が肝心なんです

占いって信じますか?

 

朝のテレビ番組で流れる今日の運勢を見て着る服を決める人もいるし、
神社では必ずおみくじを引く人もいる。
雑誌の巻末に掲載されている今月の運勢が良いと気分がアガるし、
ananの占い特集を欠かさず買って熟読する人もいる。
人生の転機で占い師のところに行く人だっていますよね。

逆に占いなんて一切信じないし気にした事もないという人だっています。

https://www.instagram.com/p/BEFX6Mjsqld/

ちなみに私は占いは良い結果だけ信じて気分がアガるのを楽しむ派、です。

 

 

当たるも八卦当たらぬも八卦、占いを信じるも信じないもその人の自由ですが、

でも占いで本当に気にするべきなのは実は結果じゃない!

って知ってましたか?

 

 

 

では占いで本当に気にするべきはなんなのか?

実は気にするべきは「占いの結果を受けて自分の気持ちがどう動くか」なんです。

 

 

例えばAかBかを選ばなくてはいけない場面で、占いではAと出たとします。

その結果を聞いた瞬間
「やっぱり!そうだよね、Aだよね!」
と思うのか、それとも
「うーん、分かるよ、Aっていうのも分かる。でもでもBだと思うんだよぉぉぉぉ」
と思うのか。

 

自分の心が、結果を聞いた瞬間にどう反応したかをしっかり見極める。
嬉しいのか悲しいのか怒りが湧いてくるのか、ありえないと思うのかすんなり納得できるのか。
主観的に湧き上がる「気持ち」をしっかり捉えるのが重要です。


次に、なぜそんな反応をしたのかを分析してみる。

そうすると気持ちの後ろに隠された、自分自身の本当の望みや恐れや悩みなど、気持ちを動かした背後にあるロジックが浮かび上がってきます。

ここで浮かび上がったロジックを把握できれば、あとは占いに頼る事なく自分で答えを出せるはずです。

 

「どうしてもAっていうのが受け入れられないんだけど、それは大嫌いな人がAをすごく勧めてきたからなのかもしれない」とか
「Bにこだわりすぎて、Aの良い面を見ていなかったかもしれない」とか。

そうしたら
「好き嫌いを抜きにして純粋にAとBの良い点と悪い点を並べて判断してみよう」
「もうちょっとAの事も調べてみてから判断しよう」
という風に次のアクションを自分で導くことができるはずなのです。

 

 

 

もちろん占いの結果そのものを信じても良いけれど、特に星座とか血液型占いみたいに自分とその他大勢が同じ結果になる占いは自分にぴったりマッチしているとは限らない。
星やタロットが示してくれる内容も幾通りにも解釈できる場合があって 、決して答えは一つじゃないのです。
だったら一度示された結果を受け止めた自分の心がどう動くのか、それを判断の軸に据えたほうが良い。

 

占いは結果だけを気にするのではなく、結果によって自分の気持ちがどう動くのかを見極めるツールとして上手に使いこなしていきたいなと思います。