読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Spare Times  〜人生のスキマ時間を愉しむ〜

バリキャリワーキングマザー、アラフォーにして主婦デビュー。 突然訪れた人生の隙間時間をゆるりと楽しみつつ、次のステップを模索しながら迷走する毎日。最近お仕事再開+ときどきタロット占い師。

被害者意識という名のゾンビ

頭の体操 心に良いこと、体に良いこと

 

大ヒットゾンビドラマ。ダンナ様が大好きでずっと見てるのですが、私はゾンビは本当に怖くて全然見られないです。

 

 

以前勤めていた会社で、事ある毎に「被害者意識を持ってはいけない」と言う上司がいました。「加害者なんて誰もいない、勝手に被害者にならずに、当事者として、責任者として一人一人が意識を改めて仕事をして欲しい」と。

当時私も所属していたそのチームは、それだけみんなやたらと「私はこんなに頑張ってるのに○○のせいで上手くいかない」とか、「あの部署がいつも余計なことばかり言ってくるから結果が出せない」みたいなことを言う人がいたり、そういう気分が蔓延していました。

 

被害者意識にはやっかいな性質があって

  1. 伝染する
  2. 強さを与えてくれる
  3. 思考停止させる

という特徴を持っています。

この間気づいたんだけど、これってゾンビの特徴といっしょじゃないか…

 

 

脳はそもそもポジティブなことよりもネガティブなことのほうが記憶に残りやすいという性質を持っているそうです。

野生の中で生存していくには怖かったり不味かったりしたような時のことを記憶しておく方が生存率が上がるだろうから、その太古の本能の名残なのでしょう。
確かに、おいしい木の実の味を食べた時の幸せな気持ちを記憶しておくよりも、猛獣に襲われた時の恐怖心と共に猛獣の気配や行動パターンを記憶したり、毒のあるキノコを食べてしまった時の苦しみと共にキノコの匂いや色などを記憶しておいた方が生き残り確率が上がりそうです。

 

つまり被害者意識などのネガティブな気持ちはそもそも脳として受け入れやすく記憶しやすい情報で、どんどん周囲の人に伝染していってしまいます。

 

 

伝染しやすい理由はもう一つあって、それが2つ目の「強さを与えてくれる」からです。

 

あの人は被害者だから、弱者だから、差別されいじめられてる側だから、だから正しいのは被害者である。
同情され、言い分を聞いてもらい、守られるべきは被害者。
加害者は裁かれ、断罪され、被害者や周囲に対して謝罪すべきだ。

 

そんな風に無意味な対立構造を瞬時に構築してしまい、さらに自分の方が正しくて守られるべきだという雰囲気を作ってしまうパワーを、「私は被害者だ」と訴えることで得ることができるのです。

被害者は責められるべきではないという気持ちが周囲の人に働くので、被害者ヅラした人は責任を追求されたり、被害の実態証明を求められたりすることを避けられる。被害者でいれば、言い分を聞いてもらいやすく、同情してもらえて、責められることから逃げることができる。

被害者は責められるべきではないという気持ちが周囲の人に働くので、被害者ヅラした人は責任を追求されたり、被害の実態証明を求められたりすることを避けられる。被害者でいれば、言い分を聞いてもらいやすく、同情してもらえて、責められることから逃げることができる。

これは強い。

 

周りの人も、加害者に加担するよりは被害者の側に立って「弱者をいじめるな」と訴える方が正義のように感じられるし、被害者の裏を取るような面倒なこともしなくて良いのでそっちに流れやすい傾向が出来上がります。
だから伝染しちゃう。

 

 

そして被害者を続けていると、さらにパワーを得る場合があります。
つまり、「あの人に関わると面倒くさいから距離を置こう」「あの人に任せると物事が進まなくなるから他の人に頼もう」と言ったように、そもそも関わり合いになることを避けられるようになっていくのです。

無下にすることも責められることもなく、腫れ物に触るように気を遣ってもらえて、かつ面倒な役割ごとを振られることもない。

最強の"被害者バリア"が張られた状態が完成します。

 

このバリアの中にいれば面倒なことは向こうから避けてくれるようになります。

 

 

 

でも同時にこのバリアは強烈な思考停止をもたらします。

 

なにしろ耳に入ってくるのは自分が望んだ、被害者としての自分の耳に心地よいことばかり。あるいは加害者を「ほらやっぱりあいつは悪い奴だ」と強化して固定する証拠ばかりが集まってくるようになり、それ以外の情報が入ってこなくなってしまいます。

「自分は被害者である」ということがどんどん固定されていき、バリアはどんどん強固なものにあり、最後には自分が被害者であるという考えの中にどっぷりと囚われてしまって思考停止。

しかも被害者意識を持っている人は、自分の考えを強化するために同じ考えの人をどんどん引き寄せてしまいます。(流行り尽くした感のある引き寄せの法則ですが、つまりこういうことだよねと思います。)

自分は悪くない、っていうのは責任を自分で負わなくて良いから楽チン。

こうなったらもう現状を自分の手で変えようなんて思わないし、下手に変えて被害者じゃなくなっちゃったら色々できないでいることに対する言い訳もできなくなっちゃう。被害者じゃなくなったらチャンレジしなくちゃいけなくなるし、加害者のことも許さないといけなくなっちゃう。そうなったら被害者の味方をしてくれてた人たちだって無条件に味方したり距離を置いたりしてくれなくなってしまう。

そんな面倒なことになるくらいなら思考停止していた方がよっぽど人生ラクで楽しく生きられる。

 

頭で考えることがなくなって、人から避けられて、さらに伝染する。ゾンビいっちょ出来上がり、です。

 

 

 

 

 

ちなみにゾンビに襲われた際、立て籠もるならホームセンター最強説と、ホームセンターに逃げ込んだら負けだ説が対立しているようですヨ。