読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Spare Times  〜人生のスキマ時間を愉しむ〜

バリキャリワーキングマザー、アラフォーにして主婦デビュー。 突然訪れた人生の隙間時間をゆるりと楽しみつつ、次のステップを模索しながら迷走する毎日。最近お仕事再開+ときどきタロット占い師。

お風呂上りの肌を一発保湿するオイル美容を愛用中です

時短 ライフスタイル 子育て、自分育て

お風呂上りのお母さんは忙しい。

自分の体を拭く余裕もなく、びしょ濡れのまま脱走しようとする子供達をバスタオルで包んでなんとか水気を拭き取り、保湿ローションを塗って着替えさえ、髪の毛をドライヤーで乾かして…

とかやってると自分の髪は変な癖がついたまま半乾きになっており、肌は無防備に乾いてカッサカサ(泣)

 

我が家は上の子が小1、下の子も年少さんになって、自分たちである程度は風呂上りのお支度ができるようになってきたので私もだいぶ余裕が出てきましたが、それでも化粧水、乳液、美容液…とやってる暇はありません。

 

 

そこで私は子供が生まれた数年前から、お風呂上りの肌を一発保湿する時短美容を実践しています。
方法はとっても簡単!

 

たっぷりめのオイルを手に取り、お風呂上りのびしょ濡れの顔に水となじませるように塗りたくる。

以上!

 

ものすごいシンプルですが、私は何年も化粧水も美容液もナシ、オイルだけで肌のコンディションを保ってきました。(とはいえここ一年くらい少し余裕が出てきたのと、加齢による肌の劣化が隠しきれなくなってきたので、化粧水、美肌美容液、コラーゲンを導入しました。)

 

さまざまな効能のあるオイルを使い分けることで美白や毛穴ケアといったことまでできていた、気がしています。(科学的に検証したわけではないので、あくまで個人の実感として。)

 

いろんなオイルを試してきましたが、中でもお気に入りの5つをご紹介します✨

《コーセー》雪肌精 ホワイトニング ハーバル オイル 40ml

《コーセー》雪肌精 ホワイトニング ハーバル オイル 40ml

 

名前の通りハーブっぽいナチュラルな香りに癒される、こういったオイルの中では粘度高く感じるしっかりしたオイル。
”透明感目覚める美肌オイル” とうたっているだけあって、全体的に肌が輝くような効果が期待できます。

 

二層式のオイルを振って混ぜて使うタイプ。SK-IIの特徴成分ピテラ層とオイル層に分かれていて、あの独特のピテラ臭もします。天下のSK-IIブランドというだけあって、疲れてたるみが目立ってきたなと思う時に集中的に使うとパリッと肌がアガる感じがあります。

 

全身に使えるマッサージオイルのコンポジションシリーズ。ラベンダーやベルガモットのナチュラルな香りがたまりません。かなりしっかりとしたオイルなので、使用量は他のものより控えめに。
保湿力が高いので、冬の手肌のかさつきや甘皮ケア、そして頭皮の乾燥などにもオールマイティに使えます。

 

バイオイル 60ml

バイオイル 60ml

 

火傷や傷痕の補修にも効くという、肌のリペア能力が期待できるオイル。出産前から妊娠線予防などにせっせと活用していたもので、出産後もそのまま愛用しています。
さらりとして肌馴染みが良く、水ともするすると混ざってすーっと肌にしみ込みます。ケチらずたっぷり使えるお値段なので、ボディの黒ずみやかさつきが気になる場所にもそのまま塗ったりして全身ケアしています。髪に使用してもべったりとせず、ドライヤーの前に馴染ませておくと程よいしっとり感が。

 

安定性が高く、長期保存しても劣化が少ないホホバオイル。皮脂バランスを整えてくれる作用が期待できるので、季節の変わり目や生理などでテカリが気になる時に活用しています。ホホバオイルは無印でも売っていて手軽に購入できるのもポイント。
アロマオイルをブレンドするキャリーオイルとしても優秀。

 

 

オイルもいろいろ出ていますが、ものによっては劣化が早く、少し放っておくだけで猛烈な酸化臭を放ち出すものもあります。酸化臭は本当に取れないので、もしそうなってしまったら残念だけど処分することをお勧めします。
化粧品ブランドから出ているオイルはその点も使いやすいものが多いので、オイルの扱いに慣れていなかったり、オイルを保管する場所が温度や湿度変化の激しい洗面所だという人は、化粧品ブランドのものが安心かもしれません。

 

これからの季節はちょっと油断するとあっという間に肌も髪も乾燥してしいますが、お風呂上りにささっとオイルで保湿しておけば、あとからゆっくり化粧水を塗ることもできます。オイルによってはブースターの役割を果たして、化粧水の浸透を良くしてくれるものもあるのでますます嬉しいですね。

 

オイルが古くなってきたら、劣化が進む前に思い切ってお風呂に入れてバスオイルとして楽しむのもアリです。全身とぅるんとぅるんになれますよ♪