読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Spare Times  〜人生のスキマ時間を愉しむ〜

バリキャリワーキングマザー、アラフォーにして主婦デビュー。 突然訪れた人生の隙間時間をゆるりと楽しみつつ、次のステップを模索しながら迷走する毎日。最近お仕事再開+ときどきタロット占い師。

【#14 読書三昧】ピンクの可憐で深い闇〜『Think Pink 女の子は本当にピンクが好きなのか』堀越英美

子育て、自分育て 妄想ウィッシュリスト 頭の体操 読んだ

うちの娘たちは2人とも、育児書のセオリー通り2歳を少し過ぎた頃からイヤイヤ期=自我の芽生えを経験し、同時にピンク星人に変身した

やまなや 復刻ブルマァクミニ怪獣シリーズ - ザラブ星人(ピンク)Photo by Flickr

 

 

それは見事な変身っぷりだった。

 

洋服を選ばせればたちまち全身ピンクの林家パー子に。
おもちゃはキラキラハートやリボンに埋め尽くされたピンク色をしていなければ見向きもしない。
クレヨンはピンク色だけがあっというまにチビてしまい、描かれる絵は全てがピンクの桃色世界。
おひとつどうぞと差し出される飴も選ぶのはもちろんピンク色。基準は味じゃない。
コップやお皿などの食器やバスタオルなど日常的に使うものまで、家の中は次々とピンクに侵略されていった。

女の子の赤ちゃんのものは淡いピンクが多いので避けて通ることはできない色ではあるものの、ピンク星人に変身するまではベージュやグレーやネイビーといったごくベーシックカラーを中心に割と偏りなくいろんな色を与えてきたつもりで、「女の子だからピンクね」なんて教えたことは一度もなかったのに、気づいたら「ピンクじゃなきゃ嫌!」となっていた。

 

これは一体なんなんだ?!

 

しかも、5歳から6歳、ちょうど小学校進学が射程距離に見えてきたくらいからこれまた唐突にピンクを選ばなくなる時期がやってくる。
と同時にあんなに大好きだったプリキュアへの興味も急激に薄れていく。

 

私はといえば、幼少の頃はピンクが好きだった記憶はあるが、思春期以降かなり長い間「ピンクは私には似合わない避けて通るべき色」と思っていた。素直にピンク色を選べるようになったのは社会人になって仕事もプライベートも一定の経験を積み、ある程度自分に自信を持てるようになってからだった。

正確に言うと、それまでずっと持て余していた「自分が女性であること」をすんなりと受け入れられるようになったらピンク色も受け入れられるようになった。

 

子供たちを見ていても、自分の経験を振り返ってみても、ピンクはとても複雑な色に思える。
そして単純に、なぜ子供達が突然ピンク星人に変身してしまうのかがとても不思議だった。

 

この本はそんなピンクにまつわるモヤモヤを、軽快なテンポの語り口でバッサバッサとなぎ払ってくれた。

女の子は本当にピンクが好きなのか (ele-king books)

女の子は本当にピンクが好きなのか (ele-king books)

 

 美味しいお酒を飲みながら、とても頭の良い女友達が自身の経験や膨大な読書量に裏付けされた知識とデータを惜しげなくテーブルに広げて、ユーモアを交えてピンクについて語りまくるのをワクワクしながら聞いている感じ。

章立てもよく考えられているし、参照される研究や事例も新しい。時折挟み込まれる著者自身のエピソードも、同じ娘を持つ私的にはあるある満載でものすごく共感出来る。

 

本の中ではまず最初に欧米、そして日本でピンクがいつからどんな風に女の子の色になったのか、ピンクという色が様々な意味を勝手に持たされてきたその歴史が紐解かれる。もともと女の子の色という役割を持っていなかったピンクが愛されるべき存在の女の子を象徴する色となり、一転して女性を女性性の中に押し込める忌々しい色として拒絶され、一巡して再び女の子の世界がピンクに溢れる歴史を読むだけで、ピンクの持つ文脈がいかに複雑かが理解できる。

家庭的な役割や「ピンクカラー」と称される労働社会における低賃金で補助的な仕事を主に扱うピンク色のおもちゃたちが、女の子が大人になった時も「ピンクの世界」に自らを閉じ込めてしまう結果を生んでいるという女児玩具におけるピンク問題。そしてそれに対抗して登場している女児向け(という区分自体が批判の対象になっているらしいけど)理系玩具ブームのムーブメントも、興味深く羨ましい。
日本でこの視点がいかに抜け落ちているかということに気づかされた。日本では論点にすらなっていない!

 

これ日本で立ち上げたら面白いだろうなぁ。


We're GoldieBlox!

 

 

私は別にフェミニストではないけれど、ワーキングマザーとして日々を送っているとどうしたって自分の女性性を意識せずにはいられない。でも声高に違和感を唱えれば「それみろこれだからフェミは」となるのが目に見えているし、「仕事もプライベートも充実なキラキラワーママ」を演じるのはしんどすぎる。

それにしんどいのはワーキングマザーだけじゃない。
男性だって型にはめられる息苦しさを感じている。(本の中でも最終章でこのことに触れられている。語られる対象が「可愛いものが好きな男(の子)」であっていわゆる働く男性ではないのが私にとっては新しい視点で面白かった。)

 

本を読んでモヤモヤが解決されるわけではないけれど、モヤモヤの正体を少しはつかめた気がする。
正体をつかめば傾向と対策を練ってアクションを起こすことも可能だ。

 

 

女児を持つ親にも、フェミニスト的なことに興味がある人も、アメリカにおける男女児童の平等性を求める最新のムーブメントに興味がある人も本当にオススメの一冊。

久々に早く続きが読みたくて子供をいつもより30分早く寝かしつけてしまう本に出会った!

 

 

 

読書三昧は妄想ウィッシュリストの14番。
今のところ積ん読リストばかりが積み上がっているところ。

thesparetimes.hatenablog.com