読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Spare Times  〜人生のスキマ時間を愉しむ〜

バリキャリワーキングマザー、アラフォーにして主婦デビュー。 突然訪れた人生の隙間時間をゆるりと楽しみつつ、次のステップを模索しながら迷走する毎日。最近お仕事再開+ときどきタロット占い師。

タロット勉強会に参加してきました

タロット プチスピ

タロット師匠の優ちゃんが主催する勉強会に参加してきました。
勉強会といってもレッスン受講生が集まってお茶を飲みながら自主練するというカジュアルなもの。お互いのリーディングにあーだこーだアドバイスし合ったり、お互いを占ったり、同じお題で一斉にリーディングしてみたりをたっぷり3時間楽しんできました🎵

https://www.instagram.com/p/BLKsdt7j1_j/

 

最初に、優ちゃんお得意の質問

「タロットさん、私のこと好き?」

で、一斉にリーディングするところからスタート。

 

今までずっとNoって出てた人がやっとYesが出ていたり、「もっと仲良くしたいから、もっといっぱい使って!」というメッセージを受け取る人がいる中、私のカードは

まぁ好きっていうか、カード必要としてないよね。

 

えー、でも最近リーディングの腕も上がってると思うんだけど?

 

と思っていたのですが、勉強会が進んでお互いにカードの解釈をあーだこーだ議論してみたり、ペアになって相手のお悩みを占ってみたりしているうちに気づいてしまいました。

私カードはきっかけ程度にしか使っていない。

 

基本的には正位置ならYes、逆位置ならNo、大アルカナと小アルカナのスートはなんとなく本来の意味を意識しつつもほとんどインスピレーションで読んでる!?
ということに、他の人のリーディング方法と対比することで改めて気づかされました。
YesかNoかと大雑把な方向性がパッと掴めると、あとはカードの意味を深堀するというより「視えてくる」。

 

みんなが丁寧にカードの絵柄を読み解いたり、テキストで意味や解釈を確認しながら時間をかけてリーディングしていく中、私はカードの意味は3分の1程度しか暗記していないにもかかわらず、テキストはほとんど開かないズボラっぷり。
質問にも色々な意味を込めて聞いてしまうし、引いたカードからもものすごい情報が立ち昇るように視えてくるので、一枚のカードから出す「答え」が長い。
調子に乗ってくると、本来は次のカードを引いて確認していくような内容を、カードを一切引かずにどんどんとリーデイングしていってしまう。
さらに調子が乗ってくると、自分じゃない他人が私の口を通じてしゃべっているような、ちょっと半トランスっぽい状態に。

 

1:1でセッションをしていた時にはそれが自然なスタイルだったのでとくに意識していなかったんだけど、他の人のリーディングを見ていると歴然と違う。

 

 

「今世での私の使命は何ですか」という質問には

 

スピリチュアルに目覚めること。

現世的な使命としては全てにおいてバランスを取ること、その感覚を身につけること。

 

なんて出たりして…

 

 

いやはやなんとも興味深い勉強会でした。
他の人と一緒に占うのって楽しい❤️❤️❤️
そしてどこへ向かうのだ、私…😅

 

 

 

勉強会はロイホで開催でした。
コーヒーゼリーサンデーが甘塩っぱくてすっごく美味しかった〜!

f:id:maisonnaoko:20161025211547j:plain